H建築スタジオ | 配筋検査
23060
post-template-default,single,single-post,postid-23060,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.4,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

配筋検査

こんばんは。マトバです。

先日、配筋検査を実施してきました。

配筋検査とはコンクリートを打つ時に芯材となる鉄筋が、図面通りの大きさ・間隔で配置されているかを見るものです。

今回は木造の住宅ですのでコンクリートは基礎だけですから、ほぼ同じような仕様なので難しいところはありません。

が、検査ですから場所ごとに確認をしていきます。

ほとんどは20cmピッチですが、面積が大きいところは15cmピッチで鉄筋を入れています。

この検査で問題がなければ、次はコンクリートを打設していきます。

そうすると上棟がもうすぐとなるのです。

 

何もない敷地から段々と形が見えてくるこの期間が、個人的に一番変化を感じます。

上棟まであと少し、楽しみ半分気が引き締まる思い半分です。

No Comments

Post a Comment