H建築スタジオ | フキの家
20366
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-20366,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.4,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

フキの家

SATO_HOUSE_00

SATO_HOUSE_01

SATO_HOUSE_02

SATO_HOUSE_03

SATO_HOUSE_04

SATO_HOUSE_06

SATO_HOUSE_07

SATO_HOUSE_08

SATO_HOUSE_09

SATO_HOUSE_10

SATO_HOUSE_11

SATO_HOUSE_12

SATO_HOUSE_13

SATO_HOUSE_14

SATO_HOUSE_15

SATO_HOUSE_16

SATO_HOUSE_17

SATO_HOUSE_18

SATO_HOUSE_19

SATO_HOUSE_20

SATO_HOUSE_21

フキの家 / Concept
Category: House
Date: May, 2012
Location: Tokai-shi, Aichi
Site Area: 389.55 ㎡
Total Floor Area: 212.60 ㎡
Structure: Wood; 2 Stories ,Reinforced Concreate bearing
Family Composition: Parents

このお家は、ふき生産量日本一の東海市にあります。6人の子育てが終って子供が独立し、これからご夫婦だけの生活を愉しむためのお家です。
子供達が孫を連れていつでも、遊びに来られる、ワイワイできる、家族全員大人数で集まれる愉しい場所になりました。鉄筋コンクリート造のゲートをくぐった先には広いオープンスペースとし来客用の駐車スペースを2台分確保。その横には、2台分のビルトインガレージがあります。

 

天井高さ3.5mと開放的な玄関は、フキの葉を摸した平たい屋根を架け、葉の下で雨をよけ、肩寄せあい皆が集まってくることをイメージしました。

 

アイランドキッチンは、皆で料理を手伝いながらホームパーティを愉しむことができます。家族団らんの空間。キッチン周りには、大容量の収納、ゆったりとしたスペース、コンパクトな家事動線と機能面の充実に加え、独特の色彩豊かなベネツィアンモザイクタイルが空間を美しく艶やかに演出しています。

 

リビングから連続するお庭は、塀で囲まれた外観から、想像できないほど、広く開放的。カーテンを締めることなく光と風をリビングやダイニングに取り込みます。芝生で遊ぶお孫さんをリビングから眺める、そんなとき「内」と「外」の境界は全くなくなってしまいます。

 

2階にある寝室の前には、フラットで繋がる8帖ほどのルーフテラスになっており。夏には花火を鑑賞する夫婦二人の特別席。南側の公園を眺めることができるこの建物で一番眺望のいい場所です。

 

レッドシダーの無垢板、珪藻土、珪藻土、素焼きタイル、モザイクタイル、磨きタイル、ウォールナットのフローリング、琉球タタミと様々な素材の表情をシーンに合わせて天井、壁、床などに使っています。

 

窓には、断熱性能に優れているLow-Eの複層ガラスを、照明はLEDを採用することで使用電力、CO2排出量を抑えることができます。内壁に用いた珪藻土は、脱臭及び調湿という住まう人に優しい作用もあります。
 
大屋根には太陽光発電8.0kwを搭載しています。エネファーム併用のダブル発電とし、電気代を節約するだけでなく売電により、光熱費がどんどん貯まる環境にも人にも優しい住宅です。

 

ふきの花言葉は、「愛嬌」「仲間」です。新しい可愛い家族が増え、皆で愉しく集まってもらう場となってくれればと思います。

Other Works